辞める時期も配慮しよう

転職や結婚、出産など会社を退職する理由はたくさんあります。どのような理由であっても、気持ちよく退職できれば、それまで築いてきた関係を維持することができます。また、退職者が発生した会社側も、退職時期を早めに提示してくれた方が人材不足による負担を軽減することも可能になります。

迷惑をかけない退職を実現するために必要なポイントは、忙しい時期の退職はできるだけ避けることです。繁忙期は企業によって違いはありますが、繁忙期を乗り切るためにはある程度の人材が必要です。この時期に退職してしまうと、従業員一人一人の負担が大きくなってしまうため、必要以上に迷惑を掛けてしまうことがあります。このような状況を避けるためには、繁忙期以外に退職することを心がけることです。どうしても繁忙期に退職したい場合は仕方ありませんが、迷惑を掛けたくない気持ちがある場合は、繁忙期以外に退職するようにしましょう。

また、退職する時期に関係なく大切なのは、退職が分かった段階ですぐに退職の意思を伝えておくことです。早い段階で伝えておくことは、人材を補充可能な時間を持てるようになる利点があります。退職までに人材を補充することができれば、人数的には変わらないことになるため、会社の負担も小さくなります。最後にきちんと挨拶をすることも大切です。親しくなかった同僚、気が合わなかった同僚なども含めてお世話になったことは事実なので、退職する際は周囲の方々にきちんと敬意を払って会社から去るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です