円満退職するためのポイント

会社を辞める時には、誰もが気持ち良くやめたいと思うものですよね。会社でのもめごとやわだかまりを残したままにしておくと、退職した後もずっと心に残ってしまいます。そういった事を避けて円満に退職をするためには、いくつかのポイントがあります。

まず最も重要となるのが、退職の意思の伝え方です。一般的には辞める1か月前には伝える事と決められていますが、会社でのトラブルを避けて退職する場合には、辞めるできれば2か月前あたりには伝えるようにしましょう。その意志を伝える相手ですが、まず始めには自分が属している所の一番上になる上司に伝える事です。その場で伝えるのではなく、相談を持ち掛けるようにして別の会議室などで伝えましょう。退職の了承を得られたなら、その場で話し合い辞める日を決めます。そしてその後、退職願を正式に提出して受理されてから、同僚などに報告するようにするのがマナーとなります。

いざ、退職の日が決まったら、その日までに後任者に引継ぎをしっかりと行います。そして退職する日が近づいてきたら、自分の持ち物の整理をしていくようにしましょう。会社から支給されている物がないか、もう一度確認し直して忘れ物のないようにしておきます。退職する日には、共に働いている人達の前で挨拶をする事もありますので、お世話になった事と自分が辞める事によって迷惑をかける事などのお詫びを伝えるようにしましょう。そして最後に自分がお世話になった人達、一人ひとりに挨拶をしていきます。心地よく退職することを願うなら、感謝になった気持ちをきちんと伝えておきましょう。退職時のマナーを頭に入れておきたいなら、こちら(http://enmantaisyoku.com)も参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です